プロフィール

加奈と子

Author:加奈と子
小学校の頃、マンガに登場したシブい彫金師に憬れ、彫金の意味も知らずに『なりたい職業No.1』に掲げていた。
高校時代はRockに夢中になり、長野で初めてのRock情報紙を発行。東京のデザイン学校に進学し、10年程デザイン関連の仕事に就く。
その後年月を経て、2009年、彫金師倉田典扶先生に師事し、彫金師を目指す。
2011年、日本ジュエリー協会(JJA)認定ジュエリーコーディネーター3級合格。

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

夏・海・友

ここ何年も夏に『夏らしいいこと』をしないまま働き続けてきたのですが、
ようし、ここは思い切って『今年こそ海を見に行こう!』


とはいっても、ここは海がない長野県・・・
北へ行って日本海に出るか、南に行って太平洋に出るか・・・

もうこの際海だったらどこでも、、、

イイエ、よくない!
砂浜が見たい!
夕日にキラキラ光る海も見たい!


そう言えば、、、新潟市に学生時代の友だちが住んでる。
学生時代、週に3~4日その友人のアパートに入り浸って
ゴハンを食べさせてもらってた。

その友だちに最後に会ったのは20数年前。
今も元気でいるだろうか?

そんなことをあてどなく考え巡らせた末、
友人にメールを書いた。

『海を見に行こうと思います。
その時会いたいけれど、会えるかな?』


海_02

先日高速バスに乗って、会いに行って来ました。友だちと海に。
友だちはバス停まで迎えに来てくれて、
美しい海を一緒に見に行ってくれました。

海_01

まだ、海水浴客もいない朝の海。
久しぶりの友だちと海をドライブしたり
買い物したり、一日のんびりしました。

友だちって不思議だよね、会わなかった20ん年の時空を
ひとっ飛びして、あの頃の空気に戻れるのだから。

海の見える風景を満喫して、
友だちにサヨナラを言い、バスに乗り込みました。

帰りのバスでは日が沈むまで、
海に揺れるキラキラした夕日の反射が見え隠れしていて
目をつぶってもその残照が心の奥に残っています。
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか…
ジャンル:日記

タグ:新潟