プロフィール

加奈と子

Author:加奈と子
小学校の頃、マンガに登場したシブい彫金師に憬れ、彫金の意味も知らずに『なりたい職業No.1』に掲げていた。
高校時代はRockに夢中になり、長野で初めてのRock情報紙を発行。東京のデザイン学校に進学し、10年程デザイン関連の仕事に就く。
その後年月を経て、2009年、彫金師倉田典扶先生に師事し、彫金師を目指す。
2011年、日本ジュエリー協会(JJA)認定ジュエリーコーディネーター3級合格。

カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

薔薇ブローチ14

葉っぱの裏に挿しカンを立てます。

これは凹凸のある作品の上に、他の部品を接着するさい、
無理やりロウ付けするエイ!ヤー!トー!方式もありますが、
ピンのようなものを部品に立てて、
それを受ける側には穴を開けてピンを通し支えるという
まさに地に足の着いた方法です。

ピンを立てる場所に、ピンの直径の穴をごく浅くあけます。
その穴に早ロウを入れて、バーナーのボワっとした炎で
温めて溶かしておきます。
(あまり強い火で温めると、ピンや部品が
溶けちゃったりします。)

ロウが溶けたら、素早くピンを立てて
もう少しだけ温めて接着します。

rose_broch_14_01.jpg

このあとはひたすら部品をピカピカにして
石留め作業になります。

ロウや手垢の着いた部品を全部、
酸に浸けてきれいにしてから磨きとなります。
スポンサーサイト

テーマ:''.*:。:*'''★天然石&アクセサリー★'''*:。:*.''
ジャンル:ファッション・ブランド

タグ:シルバー・アクセサリー ダイヤモンド 天然石ビーズ