プロフィール

加奈と子

Author:加奈と子
小学校の頃、マンガに登場したシブい彫金師に憬れ、彫金の意味も知らずに『なりたい職業No.1』に掲げていた。
高校時代はRockに夢中になり、長野で初めてのRock情報紙を発行。東京のデザイン学校に進学し、10年程デザイン関連の仕事に就く。
その後年月を経て、2009年、彫金師倉田典扶先生に師事し、彫金師を目指す。
2011年、日本ジュエリー協会(JJA)認定ジュエリーコーディネーター3級合格。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

同時進行-虫のブローチ

アメリカのドラマにはまってます。
テレビはもはや『DLife』しか見てない・・・

ちょっと前のドラマで「アグリー・ベティ」という
人気ドラマをやってて、
あまりにハマったので、コンプリートDVDを買ってしまいました。

どこまでも前向きな主人公ベティは、
ニューヨークの最新ファッション雑誌『MODE』の編集長ダニエルのアシスタント。

ジュエリーがテーマの時も何回かあって、
その1つが『昆虫のジュエリー』でした。

リングの制作も中途半端なままですが、
小さな『虫のブローチ』作り始めました。

何故か、ヒートフォーム。

bug_01_01.jpg

実は真ん中に入れるカボション用。
ダブルカボションで、裏側もやや丸いのです。

この型は、ヒートフォームで作った雄型と雌型。
温めて軟らかくしたヒートフォームにカボションを
押し付けて、型を取りました。
この間に銀の板を挟んで叩きます。

bug_01_02.jpg

あまりに一生懸命になりすぎて、
途中の写真撮り忘れてしまいましたが、
砂袋の上に銀の板を置いて雄型で少しずつ叩き、
最後は雄型と雌型で挟んで形を整えました。

bug_01_03.jpg

そして、フクリンを巻いてロウ付。
底面が丸いので、フクリンにも角度をつけましたが、
うまく着くかしら?
ロウが思ったように流れない!ので
ニオブの誘導棒を使います。

bug_01_04.jpg

ほら、下が丸くなってる。

bug_01_05.jpg

くっついたら、周りを切り落として

bug_01_06.jpg

周りをきれいに仕上げましょう。

bug_01_07.jpg

ウーム、、、、
きれいでもないですね、ロウメが残ってます。
もう少しロウを盛りたいとこですが、
他の部品を接着する時でいいかしら?

・・・と次回へ続く。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:''.*:。:*'''★天然石&アクセサリー★'''*:。:*.''
ジャンル:ファッション・ブランド

タグ:シルバー・アクセサリー 純銀

Comment

非公開コメント