FC2ブログ
完成作品

魔法使いの指輪?

0 0
バングルとリングで悩んでる間に
ちょこちょっと何かできないかなって思い、
久しぶりに大きい指輪を作ってみました。

魔法使い_01_01

ここはいつも通りですね。
銀を溶かして、ローラー掛けして角棒制作。
更に延ばして丸めてロウ付けしてリングに。
重い指輪になる予定なので、人差し指用。
刻印も打ちます。

魔法使い_01_02

パーツ作り。
大きめの銀板、厚さ1.2ミリ位。
縦長のカボション、ターコイズが入るのので
フクリンも高さを出しました。

魔法使い_01_03

3分ロウでロウ付けしてリングの形を整えます。

魔法使い_02_01

フクリンの周りに飾りをつけるので、
薄めの銀板を切り出します。
下絵も念入りにケガキで描いて切り出します。
本体と同じアールをつけて、
ロウが回るようきれいに磨きます。

魔法使い_02_02

少しでも軽くなるよう、
フクリンの大きさに合わせて切り抜きます。

魔法使い_02_03

石を軽く合わせて様子を見ます。
いつもきつめに作りすぎて抜けなくなるので、
そこは気をつけて(笑)

今回はフクリンが高いので、フクリンにも
模様を入れます。
模様は下絵を完璧に描いてから、
ケガキでラインを引き、
片切りタガネで少しずつ彫っていきます。

魔法使い_02_04

ギザギザに切り抜いた板をロウ付け。

魔法使い_03_01

縁取りもケガキで等間隔に線を入れ
タガネやリューターで均します。
四隅には銀の粒を大小3個ずつロウ付け。
板が厚いので、
先にリューターで銀の粒が入る場所を丸く削っておきます。
いったんその削った窪みに、9分ロウを小さく切ったものを入れ
リング全体をよくバーナーで温めて
銀ロウが溶けたところで放し
それから銀の粒を乗せ直して、
もう一度バーナーで温めます。

☆参考☆
本体に余分なものが付いているとロウが周りづらいので、
1工程進むたびに、磨いては酸に浸してを
繰り返しています。

魔法使い_03_02

石留めをして、全体に仕上げ磨きをしてから、
もう一度模様をなぞっていきます。
丸い模様は大きめのナナコタガネでぐりぐりしています。
細かい荒らし模様は、テレビを見ながら
てんてんしてました。

魔法使い_03_03

今回は模様が際立つように
ムトーハップ(硫黄)を浸けて
いぶし銀にします。

魔法使い_03_04

最後に銀磨きで、少し光らせたい所を擦って
コントラストを出します。

何だか魔法使いがしてそうな指輪。。。
地金:純銀
中石:アリゾナ産天然ターコイズ
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply